パソコン や スマホ のジャンク品の出張買取

『ブランディング』を実行するにあたり、『ターゲティング』の概念も外せませんが、「激安ローストビーフ丼」と「セレブ御用達5,000円ランチ」の相反する事例を取り上げたいと思います。どちらもテレビで見た事例ですが、この2つには方向性こそ違いますが、どちらも、『ターゲット』も意識した『ブランディング』なのです。しかし私がお勧めする『ブランディング』は後者の「セレブ御用達5,000円ランチ」です。まずは「激安ローストビーフ丼」の方から説明します。どんぶりに山の様に盛ったご飯の上に所せましとばかりに、ご飯の姿がすっかり見えなくなるくらいのローストビーフを積み重ねていく丼ぶりです。店の前には30人ほどが並んで待っています。客層は圧倒的に若者が多く、女子の姿も見受けられました。携帯片手にインスタグラムに投稿する姿は今やよく目にする光景です。そして、「すごーい」とか「やすーい」という言葉も聞こえてきます。680円の価格設定で、このボリュームは安いという意味なのでしょう。お店側の『ターゲティング』が見事にハマった例とも言えるでしょう。一方「セレブ御用達5,000円ランチ」の方も二人の40代くらいのセレブ奥様方がお店から出てくると顔を見合わせた後の第一声が、「ほんとに安かったねー」です。真昼間のランチで5,000円は高いでしょー?と思う人も多いと思います。又は旦那の稼ぎが良いから我々とは感覚がずれているんだと思う人もいるかもしれません。しかし私はお金持ちほどシビアだと思っています。相対的な5,000円よりも、料理の素材や味付けやお店の雰囲気や器に至るまで全てが合格点だったのです。しかしもしその二人のセレブな奥様方が前者の「激安ローストビーフ丼」を行列に並んで食べたとしたらどうでしょう?「あれで680円は高くなーい?」「もう二度と行きたくない」なんてきっと言うと思います。何が高くて何が安いのでしょう?そうです。狙ったターゲット層が『満足』すれば安いのです。この当たり前の事に気付いていないで『ブランディング』と『ターゲティング』を第一に考えないで集客を優先してしまった例が先ほどのショッピングモールにモール側の営業マンの口車に乗せれれて失敗した例です。また弊社のクライアント様にスマホやパソコンの ジャンク品 の 出張買取をされているお店が有ります。この出張買取店の場合も同じ様なブランデング方法を用いました。この様に業種は問わないのです。ブランデング手法は飲食業もアパレル業もサービス業も開業医も同じ原理原則が有るのです。