飲食店を繁盛させるための秘訣を本で勉強した体験談

数年前に飲食店を新たにはじめたところ、最初はお客様がなかなか来てくれませんでした。オープンまでに重点的に準備したことといえば、食べ物や飲み物の品質を上げることです。はじめの頃は「おいしければ絶対にお客様に来ていただけるはず」という気持ちがつよかったと思います。オープン初日には物珍しさからか、お店を訪れてくれるお客様もいらっしゃいました。
しかし、その後は苦労の連続でお客様になかなか足を運んでいただけませんでした。正直、何をどう改善すればよいのかわからなかったため、ひたすら本などを読んで勉強しました。飲食店が繁盛する秘訣を書いたコンサルティングの本を何冊も読んだと思います。そして、本を読んで「なるほど」と思ったことを次の日からお店に取り入れました。
飲食店の経営に関してはまったくの素人だったため、「必要なことであればなんでもやってみよう」という気持ちだったと思います。とにかく正解がわからないため、やってみてうまくいけばそのまま進める感じでした。飲食店のことは何も知らなかったため、本に書いてあること一つ一がものすごく役に立ったのです。飲食店のコンサルティングに関する本に書いてあることを地道に続けていったところ、少しずつお客様に訪れていただけるようになりました。気がつけば、顔なじみのお客様も増え、口コミなどで新しいお客さまにもよい評価をいただけるようになりました。本当にありがたいことなので、これからもますますがんばっていきたいと思っています。