業務用のブロック牛肉の業販通販

ブランド牛通販サイト“全国牧場直送便”で弊社ショップ責任者が私が勧めた本を3冊読み終わった後の続編です。基礎知識として弊社店長が本を読み終わった後に命令したのは、日本三大地鶏の一つである比内地鶏の仕入れ先の秋田県への現地取材です。すでに私は、他の仕入れ先である山形県の米沢牛の生産者様や佐賀県唐津市の佐賀牛の生産者様へ訪問し、生産者の生の熱い想いを取材していました。ただ売るだけなら あんな遠方までわざわざ行かなくても良いのですが、それではこの値段の高い肉を 我々には多くを売る事ができないだろうと直感でそう思っていました。それに、楽して作った商品ページはどの様に工夫しても、見る側のお客さんに見すかれてしまいます。また苦労して取材した後の商品ページはその鮮度が違うので訴える力が違ってきます。よって店長が机上論で「販売価格帯を下げた方がいいのでは?」とあまりにもこちらががっかりする事を言うので、今回も私が行くのではなく、彼に行くように命じました。そして取材から帰ってきた店長に向けて言ったのは、「取材した生産者の熱い想いをそのまま商品ページで表現しなさい」ただそれだけです。もちろん値下げはしませんでした。また、すでに完成しているとスタッフが勝手に思い込んでいた、米沢牛や佐賀牛や鹿児島黒豚の商品ページも更に生産者の想いを伝えるよう修正の指示をしました。商品の差別化『ブランド化』をする事により商品の価値を上げるので、買っていただけるお客様から見ると値下げするのと同等という訳なのです。主な改良点は生産者のこだわりです。社長に動画に出演して頂き、熱い想いを語ってもらいました。また安全性の協調には より具体的に説明しました。“HACCPシステム”の導入や 世界基準の“FSSC2000”の取得などせっかく導入しているシステムや苦労して取得した世界基準は、お肉を買おうとしているお客様には、あまりピンとこない事かもしれません。しかしお客様にとって安心安全は何よりもお肉を買う決めてになるのです。たとえ業界では当たり前の事でも伝える事は熱く伝えるのです。そして商品ページの改良後は順調に売れるようになりました。また、卸売の業務用のブロック牛肉の業販通販サイトでも同じことが言えます。『こちらの熱量はお客様に必ず伝わる』のです。