コンサルタントの本で学んだ事を実践、売上が安定しました。

飲食店はよほどまずくなければ、潰れる事はないと世間では言われているものの、実際の経営者になると、過去の飲食店業界での経験や知識が通用しないこともあると言う事を切実に知りました。

私は長く飲食店での仕事に関わってきたので、いつかは自分の店を持ちたいと言う思いでいましたが、3年前に大きな転機と共に、私自身が飲食店の経営者となるチャンスがめぐってきたので、迷わず飲食店の経営者として、第二の人生をスタートさせました。

オープン当初はそこそこの売り上げがありましたが、日本人の特徴として、1度は訪れてくれるものの、その後が続かない、もしくは何度か通ってはくれたものの飽きられてしまい、完全なるリピーターとして取り込めないという現象が半年後には来るという話を経営者でもある先輩から聞いていましたが、まさに半年、8ヶ月、11ヶ後と、月と日を追うことに売上不振に陥りました。

また1周年記念の時はイベントやサービス品なども多く出したので、その月は若干集客を取り戻すことができましたが、イベントやサービスを終了させた翌月には売上はまた元に戻ってしまい、下降線を辿るばかりでした。

このままだと確実に店自体を続けることが困難となる時が来てしまうという不安も過り始めました。
そんな時に経営者の先輩から助け船を出されたのです。

先輩が愛読をしているコンサルタント本を教えてくださったのです。これまでは飲食店に長い間勤めてきて、経験が人よりはあると過信している部分が私にはあったのだと言う事も薄々分かっていましたが、打開策が見つからず、八方ふさがりだった状態でしたが、コンサルタントを本で一から学ぶ事ができて、目から鱗の部分が正直沢山ありました。

コンサルタントの本を通じて、自分がこれまで良しとしてやっていた経営方法が間違っていた事を痛感したのです。
私はコンサルタントの本より学んだ事をすぐに初めてみました。

すると、半年後には売上不振を完全に打破できたのです。
その後はお陰さまで売上も安定をして、4ヶ月前からはやや右肩上がりとなっています。
あの時に先輩がコンサルタントの本の事を教えてくださらなかったら、店は永遠のクローズとなっていたと思います。本当に先輩には感謝の気持ちで一杯です。

 

飲食店を始める前に飲食店のコンサルティングの本を参考にしよう。

飲食店を始めたからには、繁盛させてゆくゆくは何店舗もお店を経営したいと思っている方もいらっしゃると思います。

飲食店を始め、夢を見ながら経営していくのは楽しみですが、闇雲に飲食店を経営しても繁盛するのは非常に難しいのが現実です。実際に、飲食店を始めてから1年以内90%が潰れてしまいます。

そのような現実を知らないで飲食店を始めている人も多いのではないでしょうか。私も、その一人で何も勉強しないで自分本位の考え方で初めて結果、うまく事がありませんでした。

自分なりに反省してたどり着いた答えが 飲食店のコンサルティングの本を参考にすることでした。本には、自分では思いつかないような手法があり、自分の今までやり方を照らし合わせてみると経営の基本がなっていなかったことに気が付かされます。

また飲食店を始めるにあたって、うまくいく秘訣もあるのです。
例えば、従業員を無理に雇わないこと、初期費用が少ないのであれば無理して借金せずに、豪華な内装にしないこと、自分の理想と現実をよく理解することなど、手法だけではなくうまくいく秘訣もしっかりと身につけてなければ、うまくはいかないのです。

盲点なのは、お客さんが来たからといって必ずしも利益があるとは限らないということです。

少ないお客さんだからといって、利益がしっかり出てる飲食店も存在します。
やはり需要と供給のバランスがしっかりと取れていないと飲食店の経営がうまくいきません。

ですから客が多い少ないだけでは判断ができないのです。

そのような盲点もコンサルティングの方にはしっかりと明記されていたので、次からは失敗が少なく済みました。

これから飲食店を始めてみたいと思っている人は自分の感性だけではなく、ある程度本で勉強してから始めると失敗は減らせると思います。

もちろん自分のお店なので、自分の好きなように経営をしていきたいと思うのは当然ですが続けていかなければ意味がないのです。

そのようなことを踏まえるとやはり始める前の勉強が必要ではないかと思います。

PR:英語上達の秘訣/住宅リフォーム総合情報/健康マニアによる無病ライフ/超SEO対策/SEOアクセスアップ相互リンク集/クレジットカードの即日発行じゃけん/マッサージのリアル口コミ.com/女性向けエステ.com/お家の見直ししま専科/英語上達の秘訣